出産後も不安なく子育てするために

出産後初めて行なう赤ちゃんの検査は、先天性代謝異常等検査です。
この検査は、赤ちゃんに知的障害や発育状態に異常が無いかを早い段階で調べるために行なわれ、先天性代謝異常等検査は、出産から4〜7日経った赤ちゃんを対象に行なわれる検査で、足や手から少量の血液採取をして行なわれます。先天性異常代謝等検査は基本的に無料で行なわれ、出産をする前の妊娠が分った時点で、検査を受けられる書類が母子手帳と共に一緒に手渡されます。

このような出産前後のいろいろなことは、出産経験がなく初めての赤ちゃんを妊娠している女性にも解りにくく、不安もあることでしょう。
そのような、新米ママが不安に思うことや疑問を解決するのに便利なサイトが、プレママタウンやGOOベビー・ベネッセウィメンズパーク等です。
これらのサイトでは、出産や育児に関しての最新情報を中心にプレママ・子育てママが交流できる掲示板も設けられています。
出産や育児に関しては自分の住んでいる地域や環境でも人それぞれ異なりますが、他のママ達の体験談や話等を知ると自分の子育てに自信が付いてくるものですし、同年代の子供を育てているお母さん同士知り合え、友達になれる場でもあります。
ここなら、先輩ママさん達の出産方法や分娩方法・その後のケアの方法は自分の知らなかった情報もありますし、参考に出来る事柄が沢山掲載されている点でも、プレママになった方はサイトを確認してみると新たな発見があるかもしれません。

また出産後周りに頼れる人がいない人には、出産から約6〜8週間産褥期と呼ばれる期間に洗濯や掃除・料理・買い物等の家事全般をサポートしてくれる産褥シッターさんや、出産後の育児に関してサポートしてくれる保健士さんの訪問指導が受けられるシステムがあります。
これらは、母子手帳と一緒に手渡されるハガキに必要事項を記入し保健所宛に送付するしたり、市役所などに問い合わせをすると詳しいことが分かります。
自宅に帰ってから不安な事や心配事で悩んでしまう方も少なくないので利用できるシステムを上手く取り入れる事も大切です。

[PR] 軽自動車 任意保険 派遣会社 評判 自動車保険

出産後の準備もしっかりと

無事出産が済んだなら、14日間以内に、住民登録をしている市町村に出生届を出さなくてはいけません。
出生証明書は、出産から数日後に病院や産院からもらえます。
他にも、赤ちゃんを保険に加入させておく事も大切な事ですね。
出産時に両親が健康保険に加入している場合は両親の会社に書類を提出し、国民健康保険の場合は、役所に手続きをしに行きます。保険に加入すると保険証と一緒に、乳幼児医療証が交付されて、出産から子供が各自治体が決めた一定の年齢になるまで、保険診療自己負担を公費で助成してくれます。

それと、貰える助成金をきちんと貰えるよう出産育児一時金や出産手当金の手続きも忘れずに行ないましょう。

それとお母さんは、妊娠中も何かと体調に気を使いますが、産後の生活もホルモンバランスの関係で産後うつになる方や抜け毛に悩む方、悪露や乳腺炎にかかってしまう方が多くいますので気をつけなくてはいけません。
特に気をつけなければいけないは、出産後の乳腺炎や腰痛等です。
出産後、乳腺炎になると個人差はありますが、激しい痛みと発熱等の症状が起こります。
これは、母乳が出て行かない事でなりますので、出産後から張る胸の手入れは丁寧に行なうと良く、飲ませていない時でも張る感覚がある時は搾乳をしておきます。
出産後のトラブルで多くの女性が悩む腰痛は、骨盤のズレからくる痛みでもありますからガードルを履いたり、育児に余裕が出てきたら整骨・マッサージに通うなどして痛みを解消するようにしましょう。

[PR] 車 買い替え 中古車 下取り 合宿免許 夏休み

事前の準備は怠りなく

これから生まれてくるお子さんの名前を考えることは、数ある出産準備の中でも楽しいことの1つですよね。

今は、出産前から赤ちゃんの性別を医師に聞く方ができますし、多くの方が姓名判断や名前の人気ランキングを参考にしながら赤ちゃんの名前の候補を考えいます。
出生から2週間以内には役所に出生届けを出さなくてはいけないので、出産した後のバタバタウォ考えれば事前に生まれてくる赤ちゃんの名前を決めておくことは大事なことといえるでしょう。

人気雑誌たまごクラブに掲載されている、良運命名はプレママの中でも評判が良く、注目されている姓名判断でもあって、出産前からネットやFAX・電話・ハガキ等で注文する事が出来ます。
最近の赤ちゃんの名前人気ランキングでは、男の子が翔太・悠斗・翔とたくましい名前が多く、女の子は葵・陽菜・美咲と可愛らしく優しいイメージのある名前が注目されているようです

出生届は、例え外国の国籍の方でも日本で出産を行なう場合には提出しなければいけません。
また日本人同士の夫婦が海外で、出産をした場合には産まれてから3ヶ月以内に日本で出生の届出を出す必要があり、同時に国籍保留の届出を一緒に出さないと赤ちゃんが日本の国籍を失ってしまうケースもありますので気をつけましょう。
これは、出産をする女性が日本の方で、夫が海外の方でも同様です。
出産を日本でしても海外でしても、届け出なくていけない書類があります。
ですから、事前に赤ちゃんの名前を考え手置くのと同様に、これらのことも地域の役所に問い合わせて、間違いのないようにしておきましょう。

[PR] コレステロール 下げる 黒酢 効果

出産前の大事な注意事項

始めて出産を経験する情勢にとっては、妊娠から出産までの約10ヶ月間は、これまでとはまったく違った経験をするわけですから、母親になる心構えや期待等でワクワクするだけでなく、、陣痛・おしるし・破水・呼吸法等、気になる事が沢山あると思われます。

その中でも出産時に大きく影響してくると言われている母体の体重管理は、妊娠中の大事な注意事項。
出産時に産まれてくる子供の体重は様々ですが、だいたい母体の体重は約10キロ増ぐらいまでに抑えるのがが好ましいとされています。

妊娠中に太りすぎると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を引き起こしたり、難産の危険性が高くなってしまいますし、他にも腰痛や背痛、便秘の要因となる、産後に母乳の出が悪くなる、体重が戻りにくくなるなど、体重の過度の増加にはデメリットがたくさんありますので注意しましょう。

また、出産時よりリラックスして赤ちゃんを産める方法があるかないか事前に病院に確認しておくことも大事な出産準備の1つです。
最近では、ニンフさんをよりリラックスさせるために、分娩台に登った時点で、自分の好きな音楽を流してくれる産院や、水の浮力を利用して出産中に重力を感じる事無く自分にとって最適な体制で赤ちゃんを産む事が出来る水中出産を取り入れている病院もあります。
他にも、専門のセラピストが指導して、出産の時にリラックス出来る様に妊娠中からイメージトレーニングをしておくイメージェリーや座った姿勢で出産をおこなう座位分娩などよりリラックスして出産に望めるように工夫している病院は沢山あります。
出産の時にどの様な方法でリラックス出来るかは個人の差がありますが、出来るだけ身体に負担が掛からない方法を取ることの出来る病院を選ぶことは、安心して出産をするための大切な出産準備の1つといえるでしょう。

[PR] 財テク 乱視 治療 株主優待券
 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。