出産準備に必要なものカテゴリの記事一覧

出産準備は、早め早めに

出産は、新たな命が誕生する時です。
あなたのお腹の中で約10ヶ月間、スクスクと育った赤ちゃんが無事元気で生まれてくるその日を安心して迎えるために出産準備は抜かりなく行なっていきましょう。

まず、出産の用意は、約8ヶ月までに済ませておくと良いと言われています。

出産の準備で必要なことは2つ。

1・赤ちゃんが産まれて、退院して家に帰ったときに、
  すぐに赤ちゃんと一緒に生活できるようにしてく。
2・出産するために入院する時の準備になります。

1つめの退院した時、赤ちゃんと直ぐに生活d家いるようにするために必要なものとしては、最低オムツやおしりふき、衣類など揃えておきましょう。
初めて出産を経験する場合、本当に必要なものがなにかわからず、本などに書いてあるものなどをその通りに揃えてしまう人がいますが、その中には実はあまり使わないものも沢山含まれています。
特にベビー服は、赤ちゃんの成長に合わせて買い揃える方が無駄が無く、あまり多く揃えていても成長が早くて着れなくなる事の方が多いですから気をつけましょう。

2つ目の出産のための入院時に必要なものとしては、身体を締め付けない様なパジャマと授乳に対応できる下着等ですが、出産の時に使うさらしやバスタオル・生理用品等はすぐに持ち運べて、使用出来る様に入院の荷物とは別の物としてまとめておくとようにしましょう。
腰痛や子宮の収縮が気になる方はガードルも用意しておくと便利です。
たまごクラブ・妊すぐのなどのマタニティ雑誌で出産準備のための特集をしている時などは、出産準備に必要な物のチェックリストが掲載されている月があります。
このようなものを利用して事前にしっかり出産準備に必要なものがそろっているかどうかチェックするのもいいでしょう。

[PR] 贅肉 ダイエット ダイエット 成功 ディズニー バイト

出産後の準備もしっかりと

無事出産が済んだなら、14日間以内に、住民登録をしている市町村に出生届を出さなくてはいけません。
出生証明書は、出産から数日後に病院や産院からもらえます。
他にも、赤ちゃんを保険に加入させておく事も大切な事ですね。
出産時に両親が健康保険に加入している場合は両親の会社に書類を提出し、国民健康保険の場合は、役所に手続きをしに行きます。保険に加入すると保険証と一緒に、乳幼児医療証が交付されて、出産から子供が各自治体が決めた一定の年齢になるまで、保険診療自己負担を公費で助成してくれます。

それと、貰える助成金をきちんと貰えるよう出産育児一時金や出産手当金の手続きも忘れずに行ないましょう。

それとお母さんは、妊娠中も何かと体調に気を使いますが、産後の生活もホルモンバランスの関係で産後うつになる方や抜け毛に悩む方、悪露や乳腺炎にかかってしまう方が多くいますので気をつけなくてはいけません。
特に気をつけなければいけないは、出産後の乳腺炎や腰痛等です。
出産後、乳腺炎になると個人差はありますが、激しい痛みと発熱等の症状が起こります。
これは、母乳が出て行かない事でなりますので、出産後から張る胸の手入れは丁寧に行なうと良く、飲ませていない時でも張る感覚がある時は搾乳をしておきます。
出産後のトラブルで多くの女性が悩む腰痛は、骨盤のズレからくる痛みでもありますからガードルを履いたり、育児に余裕が出てきたら整骨・マッサージに通うなどして痛みを解消するようにしましょう。

[PR] 車 買い替え 中古車 下取り 合宿免許 夏休み

出産までの流れ

出産は、、可愛い子が誕生する感動的な瞬間ですが、同時に始めて出産を経験する方にとっては不安の大きい出来事のはず。

妊娠から出産までには、いくつか検査する必要がありますが、妊娠中毒症や糖尿病になっていないかを確認するため、尿検査・血圧測定・体重測定は毎回検査します。

出産が近づいてくると、赤ちゃんの状態を確認するためのエコー・超音波検査も行ないますし、赤ちゃんに影響を及ぼす様な病気にかかっていないかを調べるため血液検査も行ないます。

出産予定日が近づいてきたら、陣痛や破水などで急に入院する事になってもいいように、入院準備は早めに済ますておきましょう。
特に、病院からいわれる出産に必要なお産にセットは、結構な量に荷物になりますので早めに準備しておき、パパや身内の方にその置き場所を教えておきましょう。


実際に出産してから退院までの期間は約1週間くらいかかります。

この間に使うであろう日用品や着替えの産褥パンツ・タオル類などは多めに用意しておきましょう。
また、病院は冷えやすいですから、靴下や肌着類は忘れずに持っていってください。
後は、母乳がよくでるママは、母乳パットがないと、漏れ出してびしょびしょになってしましますからこれも用意しておくといいでしょう。

出産を終えてからの1週間で大事なのは、お母さんの身体を休ませる事。
そして、これから始まる子育て・母乳の飲ませ方・生活リズム等、退院してからの生活に少しでも慣れておく事です。
更に、退院後のことで不安を感じることがあったら、この時期にプロである助産士さんや看護師さんにしっかりと聞いておきましょう。

[PR] 自動車 無料査定 毛穴 引き締め アンチエイジング 化粧品
 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。