出産に関する助成制度カテゴリの記事一覧

出産に関わる様々な制度

今は、昔のように女性が結婚・妊娠を機に職場を退職しするような時代ではありませんが、働く女性が出産の際には仕事を休まなければいけません。

労働基準法では、基本的に産前の6週間前から産後の8週間の間休暇をとることができるよう定められており、双子以上の場合には産前14週間の休暇を取れる事になっています。

休暇日数は、勤務している会社によって異なりますが、その後も子供が満1歳になるまで仕事を休める育児休暇を設定している会社も多くあります。

育児休暇をとる方で、休業前の二年間に一定の日数勤務をしている人は、雇用保険から育児休業給付金が受け取れます。

また出産費用に関しても、健康保険から出産後に出産育児一時金として35万円を受け取れますし、その後も子育てのための数々の助成制度を各市町村が設けています。

あなたの住んでいる地域にはどのような助成制度があるのか確認しておくことも出産準備の1つといえるでしょう。
またどの地域でも、出産から子供が3歳もしくは12歳になるまでの間児童手当でが支給されます。
この児童手当には所得制限がありますが、厚生年金・国民年金者は役所に行き、共済年金者の方は職場に支給されるかどうか確認しておいた方がいいでしょう。

[PR]
口臭 対策 顔 むくみ
 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。